--- about ---

profile_01

野村 哲也

1974年12月13日生まれ。岐阜県岐阜市出身。 高校時代から山岳地帯や野生動物を撮り始め、“地球の息吹き”をテーマに、アラスカ、アンデス、南極などの辺境地に被写体を求める。

(公式HP)

地球の息吹き

(ブログ)
写真家・野村哲也が贈る
“地球の息吹”

(Facebook)
Tetsuya Nomura


こんにちは、写真家の野村哲也です。

日本の風景、
そして異国の風景…。
毎日自分が感じた“地球の息吹き”を、このページブログに綴っています。
もしお時間があれば、ブログのページにもぜひ遊びにいらして下さい。
地球って、ほんとうに美しいですね!
今日も皆さまに最高の幸せが降り注ぐことを祈っています。

これまでの「近況」については、≫こちら≪でお読みいただけます。
また、下の各タイトルをクリックすると、≫ブログ≪のページにとびます。


img_01

シアトルへ(18.01.16)

アラスカ旅が始まった。
今回の参加者は総勢20名。楽しみにしていたのは、約20年ぶりに出会った友人の娘さん。14歳になったばかりのさきちゃんが、一人での参加だ。お母さんのあやちゃんは、アラスカへ通い続けた時に出会った友達。もののけ姫のサンのような女性だ。
(続きを読む)

img_01

アラスカの旅(18.01.14)

今、成田エクスプレスで空港へ向かっている。
ラジオでも話した通り、今日からアラスカの旅が始まる。
今回は20名の大所帯なので、一人旅の時のような身軽さはないけれど、一緒に想いを共有できる良さがある。
アラスカにもう何度通い詰めているのだろう?
(続きを読む)

img_01

ラジオの記事(18.01.14)

朝起きてビックリ。
昨日、久米さんのラジオ番組に出演させてもらったのだけれど、ディレクターの星さんが、写真付きで丁寧に細かく昨日の話、そして時間切れで話せなかったことも含めて、記事にして下さいました。
(下記のリンクから該当のページへとびます)

「TBSラジオ」のページへ


星さん、ライターの山本さん、オフィス21の小宮山さん、久米さん、堀井さん、それらを裏方で支えてくれた技術者の方々、全員がとても気持ちの良い風を纏っているようでした。
紹介して頂き、有難うございます。
(続きを読む)

img_01

麗江(18.01.13)

す、すごい。
久米さんという影響力の強さをまざまざと感じた一日となった。
ラジオが始まる前、久米さんが控室へやって来てくれた。名刺を渡し、今日の話をちょっとだけ。目の奥の強さがとても印象に残った。
(続きを読む)

img_01

発進(18.01.13)

さぁ、今日はラジオの日。
インタビュアーの巨人、久米宏さんから沢山学ばせてもらう日だ。
昨日、進行表が送られてきたけれど、最後に「久米さんは殆どこの通り話しません」と書かれていた(笑)
良い感じ。台本なんて必要ない。今の自分を丁寧にぶつければ良いんだから。さぁて、ドキドキワクワクしながら、全力で久米さんを全力で笑わせよう!
(続きを読む)

img_01

中国旅(18.01.12)

中国最終日、街を照らす朝日を見ながら考えていた。
最近、日本はお隣の韓国や中国とあまり良い関係を築けていないように思う。それは何故かしら?
(続きを読む)

img_01

麗江一の味(18.01.11)

麗江で中華を食べまくった。
そして、一つのレストランで確信した。麗江で一番美味しいのは、間違いなくココだ!と。
(続きを読む)

img_01

藍月湖(18.01.11)

麗江からたった16キロ行くと、玉龍雪山の麓へ到着する。
以前ここを訪れた時は、晴れていたけれど山の全貌を間近で見ることが出来なかったので、今日は12年ぶりのリベンジだ。
(続きを読む)

img_01

野村証券(18.01.10)

野村證券の公式PR誌と広報誌に1年間、ナミビアのデッドフレイで撮影した写真が使われることになった。証券会社とナミブ砂漠がどのようにリンクしているのかは不明だけれど、見てくれた方がビックリしたり、ぽわんと幸せな気分になってくれたら嬉しいな。
(続きを読む)

img_01

寒さの美(18.01.10)

日の出を待っていると、ナシ族のおばあちゃんが、背中にコンクリートのブロックを背負って歩いていく。古城の中で連綿と繰り返されてきたその光景に、僕は見入らずにはいられなかった。
(続きを読む)


0109757

Yesterday: 95 Today: 31

News