--- about ---

profile_01

野村 哲也

1974年12月13日生まれ。岐阜県岐阜市出身。 高校時代から山岳地帯や野生動物を撮り始め、“地球の息吹き”をテーマに、アラスカ、アンデス、南極などの辺境地に被写体を求める。

(公式HP)

地球の息吹き

(ブログ)
写真家・野村哲也が贈る
“地球の息吹”

(Facebook)
Tetsuya Nomura


こんにちは、写真家の野村哲也です。

日本の風景、
そして異国の風景…。
毎日自分が感じた“地球の息吹き”を、このページブログに綴っています。
もしお時間があれば、ブログのページにもぜひ遊びにいらして下さい。
地球って、ほんとうに美しいですね!
今日も皆さまに最高の幸せが降り注ぐことを祈っています。

下の各タイトルをクリックすると≫ブログ≪のページにとびます。


オンライン「阪根大学」は≫こちら≪から。



 
img_01

ズワイガニ丼(20.09.20)

羅臼で一番リッチな食事は何だろう?
ブドウ海老?イクラ丼、ウニ丼? いや違う。ズワイガニ丼だ。
見よっ、この迫力を!!!
(続きを読む)

img_01

鳥瞰(20.09.19)

「空を見上げて、視線を高く。鳥瞰するように、今この瞬間を慈しむ」。
(続きを読む)

img_01

かいちょう(20.09.18)

数日前に阪根大学の学生証と会長の作られたフラワーオブライフカードを組み合わせると、自身をウィルスから守れるエビデンスをアップした。
(続きを読む)

img_01

大地の入り口(20.09.18)

一気にせり上がる高山があるからこそ、ヒグマやエゾシカ、キタキツネなどの野生動物が暮らしていけるのだ。
(続きを読む)

img_01

大ループ(20.09.18)

知床五湖を歩くには、有料コースと無料コース(木道)がある。
折角羅臼に住んでいるならばと、今日は有料コースの大ループを歩くことに。
(続きを読む)

img_01

美男美女(20.09.17)

羅臼に住むようになって、多くの友達が出来た。
昆布漁師はもちろん、沖合で狙う海の漢たちも。羅臼に鮭の最盛期がやってきたので、お願いして特別な場所から撮影させてもらった。
(続きを読む)

img_01

秋の波(20.09.17)

知床に秋の波が押し寄せている。
葉っぱは少しずつ色を変え、知床峠では秋模様。
(続きを読む)

img_01

森の徘徊者(20.09.16)

朝陽が森に差す頃、キタキツネが動き出す。
森の徘徊者と呼ばれるほど、キツネは足で獲物を稼ぎ、耳をピンと立て、土の中のネズミや小動物を狙う。
(続きを読む)

img_01

鹿の白目(20.09.16)

ふふふ、小鹿はやっぱり可愛いなぁ。
知床に来た時は逃げられていたが、最近はようやく波長が合って来た。近づいても、まったく意識されない感じ。
(続きを読む)

img_01

龍の棲む地(20.09.15)

知床には、龍が棲んでいる。
圧倒的な広がりを誇る知床連山から朝日が昇ると、それらの輪郭が浮かび上がる。
(続きを読む)


0170675

Yesterday: 60 Today: 1